<スポンサードリンク>  

給与サポート保険・1【加入できる人】

>>給与サポート保険【口コミ・評判を見る前に】

check-red「給与サポート保険」は誰でも加入出来るわけではありません。職業や収入によっては加入できない場合もあります。
↓クリックすると詳細が見れます。「給与サポート保険」の加入条件。
加入できる人の説明
<スポンサードリンク>

加入できる人

「給与サポート保険」に加入できる人は条件があります。
icon-arrow1-r-s仕事をしている人。

主婦は加入できません。パートやフリーターの人は加入できますが、下記の条件があります。

■年収150万円以上。

■被用者保険に加入している人。
*被用者保険・・・公的な健康保険に加入している人。ただし、国民健康保険・国民年金は除きます。

なので、下のような人は加入できません。

■扶養の範囲内でパートとしている人。

■バイトで生計を立てているが、被用者保険に加入していない人。

■自営業で仕事をしているが、確定申告で年収を極端に下げて申告している人。

その他、下記の人も加入できません。

■学生

■無職

■資産生活者
*例えば、家賃収入だけで生計を立てている人。

■年金生活者

*過去の健康状態によっては加入出来な場合もあります。

*その他、雇用形態によって加入できない人もいます。

また加入できる年齢の上限が決まっています。

■保険期間:60歳⇒55歳まで加入出来ます。

■保険期間:65歳⇒60歳まで加入出来ます。

管理人から一言
check-red解説したように職業や雇用形態によっては「給与サポート保険」に加入出来ない人もいます。

とは言っても加入する時に収入を証明するものは必要はありません。あくまでも収入は自己申告です。

また実際に働けなくなって請求する時も収入を証明するものはいりません。

請求する時は医師の診断書のみです。

なので「加入時はOLで結婚して専業主婦になった」という場合も請求できてしまいます。

極端な話、ウソついて無職の人が加入しても、ばれようがない気もしますが・・・。(大きな声では言えませんが。)

ただ、今のところの話なので、将来的には請求する際は収入を証明するもの(源泉徴収票や確定申告書など)が必要になるかもしれません。

FPに相談

ここまで読んで「アフラックの『給与サポート保険』を検討しよう」と思ったら専門のFPに相談するのがベストです。

アフラックの「給与サポート保険」は資料請求しても自分で他社との違いを見つけるのは至難の業ですから。

「アフラックの『給与サポート保険』を相談したい」という方は
こちらからファイナンシャルプランナーに相談できます。

(*東京・神奈川・埼玉・千葉 限定)

個人保険の問い合わせ法人保険の問い合わせ

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。